朝のベビーフード屋台

先日、幼稚園のお母さん友達と話をしていたとき、
「下の子の食事はよく朝のベビーフード屋で買っている」というので、どんなものか気になって見に行ってきました。

噂のベビーフード屋台。

朝の5:30-8:00までの営業時間。
幼稚園の送迎は裏道を通っていくので、この存在を今まで知りませんでした。
朝の時間帯、こうして道端のいろんな所で販売されているみたいです。

うちの場合、離乳食は、まとめて作って、冷凍保存しているのですが、それで困ることないし、この屋台の必要性をあまり感じませんが、仕事で忙しい家庭などには重宝しているようです。
早朝の作りたて手作り、保存料など入っていないといことで、インスタントものよりも安心して買う人が多いとか。
そもそもインスタントものも、粉状のお湯で溶かすタイプが主流で、バリエーションも日本のように豊富ではないですから。

離乳食初期のドロドロ状、味なしバージョンと離乳食中期以降の塩が少し加わったバージョンの2種類がありました。

 1カップ Rp4,000 スープ付き
多分、赤ちゃんなら2,3食分くらいありそうな量です。
朝のブブール・アヤム(鶏のおかゆ)屋台、大人1人前Rp6,000から考えると、割高な感じもしますが、赤ちゃん用ということで、色々配慮すべきこともあるでしょうから、まぁそんなものなんでしょう。

この日は、牛肉、白米、赤米、にんじん、チンゲン菜、カリフラワー、トウモロコシ、チーズのお粥でした。
メニューが毎日変わるというのも人気なのかもしれません。

ここの売り子さんは、この奥で昼間は、健康的なインスタント麺や調味料を販売しているというので、試しに買ってみました。

ドラゴンフルーツ麺、ルンダン味ミーゴレン。
ひゆ菜麺、バワン味汁麺。
ニンジン麺、バワン味 ミーゴレン。

特に、ドラゴンフルーツ麺、ルンダン味、いったいどんな味なんでしょうか・・・。
インスタント麺は、不健康なパンチの効いたジャンキーなものがやっぱり一番おいしいと思うので、そんなに期待していませんが、これは、別の意味で楽しみです。

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ