バッミージャワの老舗屋台Pak Pele

前々から行ってみたかったBakmiの人気屋台、Pak Pele。
1970年ごろからの老舗屋台です。
Bakmi Jawa(バッミージャワ)は、ジャワ語表記でBakmi Djowoと書かれたりもします。
夜になると屋台がでて、だいたいどこも屋台に地鶏が釣り下がっています。
warung pak pele1

屋台形式ながら、座席の広さは、レストランレベル。
写真ではわかりにくいですが、テーブル席の横のエリアにもござをひいて、レセハン席が広く設けてあります。
warung pak pele
土曜の夜ということもあり、次々とお客さんがやってきて、当然ながら、結構待たされます。

汁麺とミーゴレンとありますが、私は汁麺を選択。
Mie rebus といったりジャワ語でMie Godog(ミーゴドッ)といったりします。
bakmi
暗闇の中、ござのうえで食べたので、写真があまりおいしそうにうつりませんでしたが、ここのバッミーは、他のバッミー屋台と比べ、アヒルの卵、地鶏肉どちらもふんだんに使っていて、なかなか食べ応えがあります。
人気なのも納得。

Bakmi の老舗屋台といえば、もう一つ、過去のブログでHARJO GENOを紹介しましたが、夫も私も、ここのpak pele派になりました。

pak pele

場所は王宮北広場(アルンアルンウタラ)の南東。
alunalun utara

王宮のすぐそばです。
kraton

    

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ