一石二鳥?三鳥?な果物

今、私がはまってる果物、Cempedak(チェンペダッ)。

cempedak1
見た目は、ジャックフルーツを小ぶりにしたような感じ。
と思ったら、日本名、ジャックフルーツが「パラミツ」なのに対し、チェンペダッは、「コパラミツ」・・・そのままでした。

cempedak2
ジャックフルーツよりも、より香りが芳醇な感じ。
ジャックフルーツと、ドリアンの相中のような立ち位置でしょうか?

なにが一石二鳥、三鳥かというと・・・

①食べる前に、床に4、5回思いっきり投げつけて、実を取れやすくします。
 →ストレス解消にもってこい。

②実が、とてもおいしい!(個人差あり)
 そして、ドリアンに比べ、当たり外れが少ない。

③食べ終わった種が食べれる!!

biji cempedak

種をきれいに洗って、柔らかくなるまで、少し長めに塩ゆでするとこんな感じ。
薄皮は口の中に残るので、捨てますが、まるで、芋のような食べ物になります。
できたての熱々は、テレビを見ながら、つまむにのにぴったりです。
biji cempedak rebus

ちなみに、このチェンペダッはジャックフルーツと違い、年中収穫できるわけではなく、今の時期が旬だそうです。
スマトラが主な産地なのか、夫は、スマトラではもっと実が大きくて、値段がジャワよりも安いとか言ってました。
確かに、ジョグジャの町中の果物屋さんなどでもあまり見かけません。
スーパーでいつも買ってます。

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ