ソロのダナルハディ・バティック博物館

ソロに行ってきました。
目的は、

ダナルハディ バティック博物館

museum danar hadi batik museum1

入り口。横はレストラン。
ここは、博物館の専属ガイドと一緒に周らなければならないルールで、この日は日曜ということもあり、40分ほどの待ち時間でした。
待っている間は、併設のお店を見ながら過ごすことに。

museum danar hadi batik museumお店の入り口付近は、お値段にも目をひんむいてしまうほどのとても貴重なバティックのコレクションが並んでいました。
奥のほうには、お求めやすいバティックもありましたが、ダナルハディは、マリオボロ通りにもお店はあるので、ふんふん・・・と眺めながら過ごしました。

博物館内は、撮影禁止。
ダナルハディは、アンティーク家具の商売もしているそうで、館内にも至るところにアンティーク家具が置かれていて、センス良い展示で、とても見やすかったです。
オランダ統治時代の洋風の柄や中華系の柄、日本の桜をモチーフにしたもの、メガワティ元大統領の弟の作品などもありました。

専属ガイドをつけねばならないというこだわり、始めは待ち時間があるので、うううーーん・・・と思ってましたが、展示をみて、納得しました。
10,000枚にもおよぶコレクション、オーナーのバティックに対する情熱のようなものが伝わってきました。
終わるころには、私もすっかりバティックのとりこになってましたから。

本当だとじっくり周ると1時間くらいはかかるんですが、子どもがいたので、途中から重要なところだけを説明してもらいました。
もう一度一人でゆっくり見たいです。
バティック作業は撮影可でした。

museum danar hadi batik museum2

その後、バティック熱冷めぬまま、ソロの小さなバティック工房の立ち並ぶ通りに行き、お買い物して終了。

ジョグジャにもバティック博物館、実はあるんですけどね、そんなに有名ではないです。
噂によると、「意外とよかった」という話なので、これは行ってみないといけません・・・

過去の記事:
プカロガンのバティック博物館

 

 

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ