やっぱりこれが果物の王様!!ドリアン

少し前からシーズンに入ってましたが、ようやく今年もドリアンにありつけました。
今年は、街中ではなくドリアンの木がたくさんあるエリアまで行き、もぎたてをいただきました。

durian

といっても、当たりはずれの激しい果物。
通り沿いにたくさんドリアンを売ってる人がいますが、こればっかりは開けてみないとわからない。
ドリアンの有名なスマトラ島で育った夫は、毎年ドリアン選びに真剣勝負です。
かーなーり長い時間をかけて吟味して、値段交渉をするので、途中で飽きてきて、私は車の中で待機。

たくさん買う前提に、選んだドリアンを開けて一つ味見、おいしければお買い上げ。まずければ、買わない。というやり方でいつも買うのですが、始めに寄った店は、このやり方が通用せず、値段も高めで、おいしいドリアンにも出くわさない。
結局、夫は2つと味見したもの1つを買って、ぶつぶつ文句を言いながら別のお店に行きました。
普通に考えたら、こんな買い方ほかの果物でやったら、商売あがったりですけど、それも含めての値段設定なんでしょうかね?
同じ店にいたお客さんも、スマトラ出身で2人して、ぐいぐい文句言ってました。

その後、別の店では、どうぞどうぞ味見してください、おいしくなければ、買わなくていいですと言われ、味もどれもおいしく、値段も良心的。
うーん、こればかり何軒か梯子しないとわからない。

毎度、たくさん買ってきて、夫がブブールドリアン(ドリアンのおかゆ)を作ると言うんですけど、結局食べるのが止まらずに、そのままで完食してしまいます。
今年はまだ2個残ってるけど、どうかな?
ブブールもおいしいんですが、おいしいドリアンはそのままで食べるのが一番!

今年は授乳中の私、濃厚な果物のドリアンはアルコール類と食べると危険!と言われたりもするし、どうなのかしら!?と調べてみましたが、「たくさん食べなければ大丈夫」とありました。
たくさんってどのくらい?
ドリアン風味のお乳を飲んで育った娘は、将来ドリアン好きになりそうです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ