手作りアイロンのり

日本でもほとんど使ったことがないアイロンのり、洗濯のり。
夫のシャツにアイロンかけても、少し時間が経過すると、ダラーっとだらしないなと前々から気になってました。
きっと着る人が着たらそんことないんです。おそらく体型に問題があるんだと思います。
でも、体型を変えるのは、どうやら難しそうなので、のり付けしたら、ピシっとなるんではないかと思いつきました。

こっちにはアイロンの滑りをよくする香りのついた水は売っていても、アイロンのりや、洗濯のりって売ってないんですね。
台所にあるもので手作りできるようなので、作ってみました。

片栗粉と水だけです。混ぜて沸騰させるだけ。
コーンスターチやご飯でもできるみたいです。
Iron nori
ネットにあった分量どおり作り、張り切ってシャツにスプレーしたら、霧状にならず、1箇所に集中攻撃・・・。
あらら・・・。
仕方なく霧状になるまで水の量を増やしていきました。

出来上がりは、確かに気持ちピシッとなったような。
でも濃度を薄めたので効果は半減したと思います。
これって霧吹きのボトルに問題があるんでしょうか。

横着せずに、洗濯のりの要領で、薄めた液に漬けたほうが満遍なく行き渡って良さそうです。

洗濯のりといえば、過去に手作りシャボン玉せっけんの作り方を調べたときにも登場しました。
そんなことを思い出して、また調べてたら、こんなのを発見!

片栗粉でダイラタンシー

他にもダイラタンシーで調べると、ビニールプールで歩いてる動画とかもあって、子どもじゃなくても楽しそうです。

    

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ