長女が初めて書いたカタカナ

先日、幼稚園児の長女が、朝早くから一生懸命A4用紙で自作のノートを作っていたんですが、
出来上がりを見て、びっくり。

ノート1ページ目に
「セレブ」
と一言カタカナで書かれていました。  セレブ

文字の読み書きについては、インドネシア語は幼稚園で適度に教えられてるようですが、日本語はあえて積極的に教えたりしていないので、基本的には、書けないのです。
何かを模倣して、初めて書いた記念すべきカタカタが、「セレブ」・・・。

某ねずみ王国チャンネルの影響を多大に受けて、将来はプリンセスになると豪語しているうちのお嬢様ですから、その強い意志が自然と文字となって表れたのでしょうか?

ノートの表紙も、セレブらしく宝飾品にドレスをきたプリンセス。

note

と思ったら、ちゃんと後から出てきました、見本が。
置き土産の日本のポケットティッシュ、「鼻セレブ」を真似した書いたようでした。
あー、びっくりした。
ようやく日本語にも少し関心を持ってきてくれたようで、少しうれしい出来事でした。

tissue

 

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ