ドリアンフレーバーのクレンケン

ご近所さんからおすそ分けでいただいたクレンケン(Kelengkeng)。
クレンケンは、ライチに似たさっぱりした果物です。
日本名は、竜眼とか龍眼とか言うそうです。

頂いたこのクレンケン、ただのクレンケンじゃありませんでした。
その名も、

Kelengkeng Aroma Durian (ドリアンフレーバーのクレンケン)

クレンケンよりも、実がさらに柔らかく、水分たっぷりで、なにより糖度が高くて甘い、そしてとってもいい香り。
あまりの美味しさに夫と取り合い、諍いが起きるところでした。

このドリアンフレーバーのクレンケン、育てるのに手間暇かかるようで、その辺の市場ではまず売っていないんだそう。
普通は家の庭先で育てて、実がなると家庭で食べられて楽しまれているものらしいです。
その他の果物と違い、マメに手入れしてあげれる人でないと実がならないとか。
また食べたい・・・と思っても、簡単には手に入らない貴重な果物でした。

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ