ジョグジャの織物ルリック老舗工房Kurnia

ジョグジャの男性の着る伝統服Surjanなどに使用されている

ルリック(Lurik)という手織りの織物

今でも王宮では、位や祭事によって柄が決まっているそうです。

老舗クルニアルリックの店内

Lurik

老舗工房Lurik Kurnia (ルリック・クルニア)

ジョグジャカルタ市内にあります。
最近は、インドネシア人の間で、このルリックを使った現代風の洋服が流行ってます。
私も何度か生地を買って、服を仕立てたり、カーテンにしたりしました。
いつもタイミング的に昼休憩時間に店を訪れてしまうのですが、この日は、皆さん作業中の時間だったので、見学させてもらいました。

柄のサンプル

sample motif

店内にあった柄のサンプル
写真左は「黄金の馬車」  写真右は「Kecipir(シカクマメ)」という野菜の名前がついていました。

ルリック制作プロセス シャトル

lurik process

横糸のシャトルを巻く作業。

ルリック制作プロセス 縦糸

lurik process

経糸を張る作業。

ルリック制作プロセス 蝋

lurik process wax

張られた縦糸に蝋を塗っている作業。

ルリック制作プロセス

lurik

カラフルな糸たち。

ルリック制作プロセス 手織り

lurik process hand woven

熟練の職人さんたちが手織りで織っている作業。
織り機はたぶん20機近くありました。
外国人の子連れが突然やってくると、たいていおしゃべり好きのインドネシア人は、すぐ話かけてくれるのですが、ここは真剣勝負。
一斉に黙々とカタンコトン音を鳴らしながら織っている姿は、こちらまで緊張して邪魔しないように・・・と気が引き締まりました。

ルリック工房見学

lurik process

ルリック 水通し

lurik

これは、アパレルメーカーからのオーダー品で、水通しまで頼まれているものとのこと。
店で販売されているものは、自分で水通しが必要です。

ルリック糸染色

lurik process

糸の染色作業場。

ルリック 糸の染色

lurik process

同色なので、わかりにくいですが、黒色に糸を染めています。

ルリック 糸染色作業

lurik process

これは、化学染料ですが、店内には天然染料で染めたルリックも販売されてます。
どれも素敵で、毎度来るたびに迷います。

ルリックで単衣の着物を作って、バティックの帯して。。。あぁ妄想が膨らみます。

 

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ