ラリルレロと書き順で悩む

近所の小学生の子どもたちから、「日本語を習いたい」と強いリクエストがあり、最近、ボランティアで日本語を教え始めました。
といっても、日本語を教えた経験もなければ、そういう勉強もしたことのないただの素人ですので、試行錯誤をしながらです。

やりはじめて、まず始めに悩んだのが、ローマ字表記というやつ。
あいうえお・・・から勉強していって、皆読み仮名をふっていくんですけど、「らりるれろ」って、Ra Ri Ru Re Roって書きますよね?
でもそうなると、インドネシアの子どもたちは、めっちゃ巻き舌の「らりるれろ」になるんです。
かといって、La Li Lu Le Lo にしてしまうと、「りゃりゅりょ」 になったときに、なんだかおかしい。
なので、書き方はRa Ri ・・・だけど、発音はあまり巻き舌にしないでねー・・・ととりあえず教えてみましたが、これでいいんでしょうか?

そして、子どもたちが書く練習をしているのを見てると、書き順がものすごく気になる!!
「きれいに書けるように、番号順に書いてね」と教えてみるも、みんな好き勝手に書いていく。
そもそも書き順を気にして、それがテストに出たりするのって、かなり珍しい文化なんじゃないか・・・という思いになってきて、あとで調べました。

ひらがな
出典:mamanoyumekoubou.blog71.fc2.com

書き順が必要な理由として、
☆きれいに書くため
☆「ツ」と「シ」など正しい書き順をしないと紛らわしい文字があること
☆書道文化

だいたいこの3つを挙げられることが多いようです。

でも、実は、
☆日本と中国では同じ漢字でも正しい書き順が異なる
☆日本だけでも時代によって、正しい書き順が変化する

という衝撃の事実も発覚しました。
書道を習っていて、性格的にも書き順をきっちり覚えたいタイプだった私にとっては、かなりショックな事実。

そもそも、習いに来てる子どもたちも、普段小学校の勉強で色々大変みたいだし、(※こっちの小学校は結構テストづくしで、すぐランキングに反映されてなかなか大変なんです。)
あんまり細かいことは気にせずに楽しくやるのが一番だな。。。という結論に至りました。

うーん、何気なく読み書きしている日本語、教えるのってなかなか大変です。

    

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ