本当に命懸けだった夜の移動遊園地

毎年、預言者モハンマドの誕生日に併せて行われるジョグジャのお祭りスカテンに、久々に遊びに行ってきました。

内容は、毎年、基本的に変わらず。
移動遊園地、屋台、マーケットエリアが延々とある感じ。

もともと危なっかしいなぁと思いながら見ていた遊具。
今年は、しょっぱなに観覧車がひっくり変えるという事故がありました。
ひっくり返ったゴンドラに乗っていた人は、必死にしがみついて、幸い大事には至らなかったようですが、小さな子持ちのわが身としては、動画をみて、血の気が引きました。
動画はあえて貼り付けませんが、気になる方はsekaten bianglalaで検索するとすぐ出てくると思います。


とはいえ、うちの子どもたちは、「見てるだけ」じゃ物足りないので、トランポリンや回転木馬で遊びました。
このトランポリンも、ぴょんぴょん飛んでる勢いで破けやしないか、心配しながら、見守りました。


でも、お祭りの賑やかな雰囲気は、たまにはいいですね。

古着屋で、見覚えのある懐かしいものに出会いました。
特に左下の帽子、絵を描いた本人は、海外で値段をつけられて商品となっているとは、思いもよらないでしょう。

 

ちなみにスカテンは、王宮北広場で2019/11/19(日)まで開催中。
期間中は交通規制があり、周辺道路は車が通れません。

 

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ