石のスパイス挽き、新調

インドネシアの台所に欠かせない石のスパイス挽き、cobek(チョベッ)。
最近、魚好きの夫にお気に入りの魚屋さんが出来たらしく、時々、大量に魚を買ってきては、時間があると張り切って料理してくれるんですが、張り切りすぎて、こないだこのスパイス挽きの潰すほうの棒を割ってしまいました。

このスパイス挽き、どこでも売ってる品物ですが、ここはジョグジャ。
ボロブドゥールやプランバナンを思い浮かべてください。
あの石たちと同じですね。
ということで、遺跡の近くには、この石の石像やチョベを売ったお店が沢山あったりするんです。
せっかくなので、ボロブドゥール帰りの夫に電話して買ってきてもらいました。

DSCN7761
写真右が、愛用していたチョベッ。この形をどこの家庭でもよく見かけます。
棒だけでよかったんですが、せっかくなのでと形の違うチョベッセットも買ってきました。
この形は、魔法の薬でも作れそうな出で立ちですね。

一晩水に漬けて、乾燥させてから使えとのこと。
前のチョベッは、私の小さな手にちょうど良いサイズで、使い込んで表面もつるつるになってきて、なかなか良かったんですが・・・。
まぁ仕方ありません。
これから、また愛用して、使い心地の良いチョベッにしていきます。

    

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ