かつての名古屋市バス内でシーフードを味わう

8月9月は、公私ともに、これでもか・・といわんばかりに色んな出来事が次々とありまして、バタバタと過ごしていました。

さて、そんな中ソロに行ったときのレストラン。

”Terminal Kepiting”

 
(訳して、店名「蟹ターミナル」)

もうお腹ペコペコでなんでもいいからとにかく、早くご飯をーー!と思っていた時に出逢ったシーフードレストラン。
一部、テーブルがバスの中!

運よく、特等席が空いていたので、もちろんバス内の席を確保。

料理が来るまでは子供たちは、ボロボロになった運転席でご機嫌です。

バスと言えば、ジョグジャカルタ市内にも、古いバスを再利用して、部屋の一部として使っている幼稚園を見学した思い出があります。

かつては日本の市バス、写真にはないですが、名古屋の市バスだったようです。

肝心のお料理登場。
まさかの皿なし!もちろんスプーン、フォークなし。
豪快にフライパンから、紙のシートに!

机の幅が狭く、蟹など食べづらいものも多く、うちの下の子は紙を引っ張りたがるし・・・
で、味の記憶があまりなく。。
まぁまぁ、可もなく不可もなくだったような。

次回があるのかわかりませんが、もし来るなら、普通の座席で私はゆっくり食べたいです。

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ