動画”Borobudur” Ep4

Pesona Indonesia のウェブシリーズ

“Borobudur”

エピソード1はこちら
エピソード2はこちら
エピソード3はこちら

エピソード4:マヤとの出会い

ディマスとギマンはデウィの案内で、ムンドゥット寺院、パオン寺院を訪れる。

<ムンドゥット寺院

レリーフの説明:
ブッダは悲しみの涙が止まらなかった。
その涙は、池となり、蓮の花がそこに咲いた。
そこから蓮の花は、人間の苦悩を悲しむブッダの象徴になった。

ムンドゥット寺院は、シャイレンドラ朝時代824年に建立され、
“Venuvana”(竹の森という意味)と呼ばれていた。

レリーフの説明:
天界の樹木カルパタルを挟んで、半身半鳥の神キンナラ・キンナリのレリーフ
キンナラ、キンナリは永遠の愛の象徴とされている。

<パウォン寺院

パオン寺院は遺体の灰を保管していた場所とされる。
Pawonという言葉のルーツはAwu =Abu ,灰という意味。

3人は寺院を見学したあと、村で伝統舞踊を教えているデウィの友人のところへ遊びにいく。
ディマスはその友人が夢で見た摩耶夫人にそっくりで驚く。
しかも彼女の名前もマヤという名前だった。

つづく。

 

 

ブログランキングに参加しています。励みになりますので、クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村


インドネシア(海外生活・情報) ブログランキングへ